仮想通貨、どうなるのだろう?投資しても大丈夫?

仮想通貨、まあ通貨はイーサリアムだろうが、ビットコインだろうが、かまわないんだけども、真剣に投資を考えています。で、今のところ、株価でみた場合のアベノミクスはまだまだ行け行けドンドンな感じがするよね。日銀の黒田総裁も物価上昇率が2%に達するまで、黒田バズーカ(って名づけた人、恥ずかしいセンスのなさだよね。効果なかったし。)つづけるみたいだから、政府がどんどん株式を買い上げていくのかな。

投資家のバイブル(?!)日本経済新聞でここ最近の仮想通貨関連の記事の見出しをさがしてみました。

 

2017/08/24 仮想通貨4種取り扱い、スイス社、分散投資でニーズ。

2017/08/22 ビットコイン、ヘッジファンドが食指、価格、分裂前の2倍超に、「池の中の鯨」波乱要因に(真相深層)

2017/08/14 動かぬ個人資産1800兆円(1)投機か預金、育たぬ投資家(迫真)

2017/08/12 エヌビディア、純利益2.2倍、5~7月、仮想通貨向けが拡大。

2017/08/10 コインチェック、仮想通貨ベンチャー支援、ノウハウ・資金提供。

2017/08/04 仮想通貨で資金調達、特徴は?――事業展開、短期で実現、日本上陸へ、監査など制度は未整備(Q&A)

2017/07/26 仮想通貨未来を聞く(2)銀行システム代替へ――京大大学院教授岩下直行氏、中核技術、まだ研究段階。

2017/07/19 ビットコイン取引、一時停止へ、来月1日から、規格分裂懸念で顧客保護。

2017/07/13 仮想通貨、相次ぐ想定外、一瞬で急落・犯罪悪用…、業者分裂警戒、取引の停止も。

2017/07/11 ビットコイン、横領否認――仮想通貨、市場は拡大、トラブル急増、課題多く。

2017/06/28 NIPPONPAY、ビットコイン決済に対応。

2017/06/25 仮想通貨の勢力図、ビットコイン1強に異変、分裂騒動で乗り換え活発。

2017/06/22 仮想通貨トラブル急増――ネット上に700種以上、決済できる飲食店増、変動見込み投機保有。

2017/06/13 ビットコイン3000ドル突破、投資家に聞く――米ブライアン・ケリー・キャピタル・マネジメント創業者ブライアン・ケリー氏。

7月13日の「仮想通貨、相次ぐ想定外、一瞬で急落・犯罪悪用 業者分裂経過、取引の停止も」ってこれ、かなり怖い見出しですよね。どんな記事が確認してみました。で、日経の記事はいろんな出来事をごっちゃに紹介しているため、見出しのような記事になっています。本当に危惧すべき内容はない、と思いました。

想定外なのは急成長だということ。もちろん、主語はありません。誰が想定外だとおもっているのか日経のよくある伝聞記事のパターンですね。(最近、日経しかよんだことのない新人がこういう書き方をしてくるのでかなりイラつく。)一瞬で急落というのはイーサリアムで実際にあったそうです。でも、これはどんな資産が対象であっても需給できまるからには避けられません。犯罪に悪用しているのは海外で口座をつくるときの身元確認がされないことからランサムウェアの支払い手段に仮想通貨が使われたという話で、これは、ランサムウェアの被害にあわないようウィルスソフトをいれたり、不要なメールをあけないようにする、また、被害にあっても支払ってはいけない、という話が本筋なだけです。仮想通貨をもっていたら犯罪に巻き込まれるという意味では決してないです。仮想通貨のかわりに「ゴールドの現物、送れ」だったとしても、ゴールドは追跡できませんから、身代金の授受に使うことは可能なわけです。特にコインとかね。

とはいえ、この記事にも良いところがあって、「14の取引所が加盟する日本仮想通貨事業者協会(JCBA)」というのがあるそうです。仮想通貨詐欺とか問題になっているみたいですが、私はブランドの確立した通貨だけ対象にしていれば詐欺には巻き込まれないと思います。「ビットコインが急成長した。次はこれだ」的な、宣伝文句に載せられて、通貨として流通すると信じるに足るような根拠のまったくない仮想通貨を買えば、そりゃあ、価値なんかありませんから後で詐欺だって大騒ぎになるのは当たり前ですよね。だからこそ仮想通貨はどこでかう?が仮想通貨 投資には大事になってくるとおもいます。